増税前がお得!

4月1日から、消費税が5%から8%に上がってしまいますね・・・。普段買う食材や消耗品まで3%分高くなってしまうので大変ですね。しかし、値段が低い ものの消費税が上がることより、値段の高いものの消費税が上がってしまうのも、なかなか怖いです。例えば、テレビなどの電化製品。元の値段が少し高いです よね。こういった値段の高いものの消費税3%分値上がりしてしまうのは、結構出費が大きくなってしまいます。私は、消費税が上がる前に、パソコンを買おう と思っています。appleのMacbook pro Retinaモデルの13インチをフルカスタムしてカスタムオーダーしようと考えています。およそ28万ぐらいかかるので、消費税が3%上がるだけで、 8000円近く値上がりしてしまいます。これは消費税が値上がりする前に買うしかないですよね・・・。8000円は結構大きいですからね(^_^;)こう いった駆け込み買いは色んなとこで起きてると思いますね。一時的に景気は良くなりそうですが、増税したあとでは、きっと景気は停滞すると思います。なのでモビットキャッシングを利用して購入したいと思います。

レイクは総量規制の対象外

現在、貸金業法によって総量規制が定められているため、消費者金融のカードローンを使用したり、クレジットカードでキャッシングをしたりする場合は、年収の3分の1までしか借入ができませんが、レイクはあくまでも銀行のカードローンなので、貸金業法は適用されず、従っていくらお金を借りても総量規制の枠には含まれません。

そのため理屈上は、消費者金融から借入ができなくなった人でも、レイクからなら借入が可能ということになります。利用者にとっては非常に便利と言えます。

しかし、それは借入がしやすいということだけで、返済が楽になるということでは決してありません。

ちなみに、レイクから借入れをする際には、以前にレイクとして営業していた「新生フィナンシャル」が保証をします。新生フィナンシャルというのは消費者金融業者です。要するに、銀行からお金を借りるのに、消費者金融の保証が必要ということです。

従って、支払いが滞った場合は、新生フィナンシャルが代位弁済をするので、その後は新生フィナンシャルが債権者となるため、結局は消費者金融から督促を受けることになります。

安心と信頼のプロミスで、気持ちにゆとりのある暮らしができます

プロミスは三井住友フィナンシャルグループだから、安心して日々の「困った」に
活用することができます。
でも本当に特筆すべきなのは、知名度や安心感の高さだけではないんです。
プロミスが誇る「スピード融資」、これは一度使ったらその便利さに驚いてしまうほど
です。

私はいつも急にお金が必要になってしまうことが多いんですが、プロミスなら
インターネットから24時間申し込みができる利便性に加えて、指定した口座に即日
振り込んでくれるから、突然の予定にもすぐに対応することができて助かっています。
やっぱりこういうところでモタモタしないで、サッとスマートに資金が調達できるのは
融資申込先を選ぶ上で大きなポイントになりますよね。

今スグ融資を受けたいんだけど、どこの会社を選べばいいのか分からないんです…
なんていう方にはプロミスをおすすめします。
ネットでの自動審査ならなんとその場ですぐに結果が分かるし、14時までのWEB契約なら
最短即日の融資が可能なんです。
どこの会社を選べばいいのか分からないけど、とにかく早く融資を受けたい、という方には
きっとご満足頂けるはずですよ。

まさしくスピードが勝負の現代には、プロミスは欠かせないサービスと言えそうですね。

アイフルのかりかえMAX

アイフルには、色々な融資商品があります。

 

女性のための商品もありますが、目的別に利用出来る融資商品もアイフルには色々とあります。

 

更に月々の返済を楽にしたいという場合に非常に便利な借換え融資商品もあり、ニーズに合わせて色々と利用可能な融資商品が多彩に揃えられています。
アイフルの借金に伴う返済を軽減できる、借換え融資商品は「かりかえMAX」の貸金業法に基づく計画的な返済を支援する融資商品となります。

金利は「12.0%~17.5%」とキャッシングローン商品よりも若干金利を抑えた融資商品となります。

限度額は「300万円」の融資商品となり、既に借入されているローン商品よりも金利を抑えたものとなります。

アイフルのかりかえMAXは、個人顧客の利益の保護に支障を生ずる事の無い契約に該当する融資商品なので、貸金業法に基づく商品となりますが、この場合の融資に対しては年収の3分の1以上の借入の際でも利用出来ます。

つまり、このかりかえ融資を利用する事には、年収の3分の1以上に借入になっても顧客の利益の保護に支障をきたすものではないので借入ができるというもので、こうした融資を利用する事により、利用者の返済負担を軽減する事が出来ます。

例えば、3社で借入をしている場合、すべて金利が18.0%で返済しているとすると、かなりの金利と返済額になります。

しかし、それをまとめて借換えする事により、まずあちこちに返済する手間が省けますし、金利の部分と返済額の部分を減らす事が出来るので非常に負担が減ります。

要するにアイフルのかりかえMAXは、既に借入して返済しているものよりもアイフル1社にする事により返済額や利息の負担を軽減できますし、返済先も少なくなるので返済管理自体が非常に楽になるというものです。

アイフルのかりかえMAXは、アイフルを初めてご利用になる方ならどなたでも利用可能で20歳以上で定期収入のある方ならどなたでもお金を借りる事が出来ます。

アイフルのかりかえMAXは、非常に便利な借換え融資ですので、毎月の返済が負担となっている場合は、アイフルの借換え融資を検討してみてはいかがでしょうか。

モビットでカードローンを申し込める条件

「モビット」は、審査が柔軟で金利も低いため人気の高いカードローンとして知られています。

今回はモビットのカードローンに申し込むための条件や、ポイントについて押さえておく事にしましょう。

 

まず、モビットではカードローンに申し込める「年齢」が規定されています。

モビットに申し込みが出来るのは、20歳以上〜65歳までの成人と決まっており、未成年の方や退職後の方は、借りられないようになっています。

次に、申し込みをするための条件として「毎月安定した収入のある方」という規定が設けられています。

しかし、こうした条件を満たしていれば殆どの方が、モビットでカードローンを作る事が出来ます。

 

モビットでは独自の審査基準を設けているため、他社よりも柔軟に審査が行われる傾向にあります。

何故なら、他の金融機関やカードローン会社も共有している「信用情報」を重視して、会員一人一人の返済能力を判断しているからです。

モビットでは、アルバイトやパートの方、派遣社員や自営業といった方でも申し込みが可能です。

そのため、モビットでは幅広い層に融資が行われているのです。

「他社では断られたのに、モビットでは借りられました!」という声も実際に多く寄せられています。

 

しかし、他社からあまりにも多くの借り入れをしていたり、返済状況が滞っているといった場合は、カードローンの審査に通ることは非常に難しいでしょう。

特に最近は、年収の1/3を超える「総量規制」の範囲を超えた貸し付けは、出来何用になっているのです。

 

他社からの返済が膨らんで、毎月の金利だけでも大変だという方の場合、総量規制外の「おまとめ目的のローン」を申し込んでみてはいかがでしょうか?

これは複数の借金を一本化するもので、金利の低いローンで他社分をすべて完済してしまうのです。

その後、一本化したカードローンに返済を行って行くのですが、毎月の負担をグッと押さえる事が出来るので、大変便利なローンとなっています。

モビットでもこうした貸し付けを行っているので、総量規制でお困りの方は、モビットに申し込みをしてみると良いでしょう。

お金を借りたい時に借りれなかった困ります、どんな人がどのようにお金を借りるには対処していけばよいでしょうか詳しくは⇒今すぐお金を借りたい人

 

モビットの金利について

今回は、カードローン「モビット」で適用される金利について見て行くことにしましょう。

 

モビットの金利は、カードローン会社の中でも大変低い事で知られています。まず金利は4.8%〜18.0%で設定されており、モビットの借り入れが多ければ多い程、金利は少なく適用されます。

あらかじめ必要な額と利用可能額とをしっかり照らし合わせて、シュミレーションすると良いでしょう。

 

モビットでは、このような金利の低さを生かして、他社の借り入れを一本化する「おまとめ目的の利用」が非常に多くなっています。

金利を抑える事で、毎月の返済負担を少なくし他社からの借り入れを、完済することが出来るからです。

モビットでは実際に、殆どの会員がおまとめや借金の一本化で利用するケースがほとんどです。

 

こうして毎月の負担が軽くなったら、まずは他社の返済をすべて終えてしまってください。

何故なら、モビットでは他社の返済が済めば、利用可能額の増枠がスピーディーに行われることが殆どだからです。

このように、モビットのカードローンは「借りやすく・返しやすい」として、非常に人気が高くなっています。

 

その他にもモビットは、地方の銀行とそれぞれ提携をおこなって、その土地毎の「提携モビットカード」を発行しています。

このようなカードでは、モビットで掛かる金利18%が、14.5%で借りられたり、多く借りれば、更に低い金利でローンを利用する事が出来るのです。

 

もし、モビットでカードローンを申し込む予定があれば、まずは最寄りの地方銀行で「モビット提携カード」を扱っていないか調べておくと良いでしょう。

同じ内容で借りられるのであれば、より金利の低い方でカードローンを組む方がお得です。

 

余裕ができた分は、早めに返済に回す事で他社の返済が終わり、モビットの借り入れに絞る事が出来るので、大変便利に借り換えが可能です。

 

モビットでも「事業者ローン」や「おまとめ目的のローン」などを取り扱っているので、それぞれの借り方やニーズに合わせて申し込んでみてください。